Egg Office

数多くあるCS放送局の中でも高い人気を誇る、子ども・アニメ専門チャンネル「キッズステーション」を運営している、株式会社キッズステーション様。設立15周年という節目に、前オフィス(神保町)から活気溢れる神宮前へ移転されました。
新しいオフィスの課題は、2つ。
「キッズステーション」のブランドをオフィス空間で表現すること。
オフィスで働くスタッフが、その能力を思う存分に発揮できる環境を整えること。
“人々に夢や感動を提供し、心豊かな生活と文化の創造に貢献する”という企業理念を持つキッズステーション様の新しいオフィスとして、働く人の感性を大切に考えたプランを提案いたしました。


CLIENT株式会社キッズステーション
PROJECTコミュニケーションデザイン、設計デザイン、プロジェクトマネジメント
AREA東京都渋谷区
FLOOR SPACE260坪
PLANNING MANAGERworkstyledesign
DESIGNERworkstyledesign
WEB SITEhttp://www.kids-station.com/tv/default.aspx

POINT OF VIEW

Egg Office

子供たちと遊びたくなる「たまご型」ワクワク空間。

子供たちと遊びたくなる「たまご型」ワクワク空間。</p>

SOLUTIONS

可能性を秘めた「たまご」

「たまご」に人々が集うことで生まれる
アイディア・コミュニケーション・情報。
これらの新しい要素が、同じ場所で新たな「たまご」を生む。
誕生と成長を繰り返します。

Concept

オフィスエリアの全景が
たまご型に見えるような設計をしています。

Elevator Hall

エレベーターを降りると
カラフルな足跡たちがオフィスへ案内してくれます。

Elevator Hall

壁にはピクトをあしらい
子供たちが「K・I・D・S」の文字を運びます。

Elevator Hall

1本の線で描かれたピクト。
小さな子供たちが、いつか家族を持つというストーリー。

Elevator Hall

キッズステーションの番組を見た子どもたちが
すくすく育つようにという願いを込めて。

Elevator Hall

いつか大人になった時
自分の子供と番組を楽しんでくれますように。

Reception

木のぬくもりとロゴの4色で構成した
レセプションエリア。
番組が見れるようにモニターも完備しています。

Reception Area

ロゴを空間にインストール。
鮮やかな虹色を散りばめて
子供が遊んでくれそうな雰囲気としました。

Reception Area

アーチをくぐると広がる待合いエリア。
ポップな色合いと遊び心を取り入れて
誰もがワクワクする空間としました。

Reception Area

動物をモチーフにしたキッズファニチャーを並べ
童心を思い出すひと工夫を。
もちろん、座ることも出来ます。

Reception Area

オフィスへと続く壁面には
色とりどりの丸いトンネルを作りました。
人と人の繋がりを表現しています。

Reception Area

白を基調としながらも
優しい色のフローリングと照明で
やわらかな空間をつくっています。

Work Area

「たまご型」に出来上がったワークエリア。
中心に「コアスポット」と称したスペースを設け
360度に座席が広がっていきます。

Work Area

「コアスポット」の天井にはモニターを設置。
キッズステーションの番組が流れ
自然とスタッフの視線が集まります。

Work Area

中央に集めた複合機や収納スペース。
誰もが使う機能をまとめて
コミュニケーションを促進させます。

Work Area

垂れ壁は外側と内側で見せ方を変えています。
外側はシンプルな曲線美。
内側には楽しげなグラフィックイメージを。

Rounge Bar

ガラスで区切られた窓側には
バーカウンターを配置。
夜景を見ながら会話も弾みます。

Rounge Bar

ランチタイムにも良く使われるラウンジバー。
女性らしいペンダントとハイチェアを採用し
癒しの空間としています。

Meeting Room

遮音性のあるパネルを施し
安心感のある部屋に。
落ち着きのあるブラウンと白で統一します。

Meeting Room

社内用の6名用会議室。
ロゴの4色のトーンを変えたパネルを作り
大人びた雰囲気としました。