Shop in Office

様々な用途のユニフォームを、オリジナルで制作していらっしゃるランドマーク様。
ユニフォームと一言で言っても大変幅広く、ランドマーク様の商品は、映画やテレビ番組などでも数多く使われていらっしゃいます。もちろん身近な場所でも多く着用されており、例えば家電量販店で目にする店員の方のジャンパー、飲食店で目にするエプロン、地域の防犯パトロールに着用するベストなど。その他には、サークル活動や学園祭でお揃いのTシャツなどを作ったことがある方も多いのではないでしょうか。
機能性を求めるだけの「ユニフォーム」ではなく、オリジナリティやデザイン性が重要視される時代だからこそ、ランドマーク様は幅広い商品を取りそろえ、お客様のご要望にお応えしていらっしゃいます。
そして、今後より一層お客様にご満足頂きたいとのこと、ネットショップにとどまらずショップ(店舗)を併設させたオフィス作りをworkstyledesignからお手伝いさせて頂きました。


CLIENT株式会社ランドマーク
PROJECTコミュニケーションデザイン、空間デザイン、プロジェクトマネジメント
AREA東京都千代田区
FLOOR SPACE100坪
PLANNING MANAGERworkstyledesign
DESIGNERworkstyledesign
WEB SITEhttp://www.l-m.co.jp/

write by asuka tomioka

POINT OF VIEW

ショップとオフィスの融合

手作りのあたたかさ溢れた空間に。

手作りのあたたかさ溢れた空間に。</p>

SOLUTIONS

オフィス 工房

ENTRANCE

明るいグリーンの扉を開くと、
クレヨンケースを広げたかのようなカラフルであたたかい空間が広がります。
カフェを彷彿とさせるカウンター席やモニターが設置され、のんびりくつろいでしまいそうなショップ。インターネットショップでありながら、実際の店舗と同じように商品を手に取り確かめることができるため、お客様とゆっくりと商談を行うことができます。

オフィス 工房

ENTRANCE

明るいグリーンの扉を開くと、
クレヨンケースを広げたかのようなカラフルであたたかい空間が広がります。
カフェを彷彿とさせるカウンター席やモニターが設置され、のんびりくつろいでしまいそうなショップ。インターネットショップでありながら、実際の店舗と同じように商品を手に取り確かめることができるため、お客様とゆっくりと商談を行うことができます。

オフィス 工房

ENTRANCE

明るいグリーンの扉を開くと、
クレヨンケースを広げたかのようなカラフルであたたかい空間が広がります。
カフェを彷彿とさせるカウンター席やモニターが設置され、のんびりくつろいでしまいそうなショップ。インターネットショップでありながら、実際の店舗と同じように商品を手に取り確かめることができるため、お客様とゆっくりと商談を行うことができます。

オフィス 工房

ENTRANCE

明るいグリーンの扉を開くと、
クレヨンケースを広げたかのようなカラフルであたたかい空間が広がります。
カフェを彷彿とさせるカウンター席やモニターが設置され、のんびりくつろいでしまいそうなショップ。インターネットショップでありながら、実際の店舗と同じように商品を手に取り確かめることができるため、お客様とゆっくりと商談を行うことができます。

オフィス 工房

FACTORY

執務スペースとつながる工房エリア
スケルトンの天井とレンガの壁が
どこか外国のワイン蔵をイメージさせるような空間です。

オフィス 工房

FACTORY

執務スペースとつながる工房エリア
スケルトンの天井とレンガの壁が
どこか外国のワイン蔵をイメージさせるような空間です。

オフィス 工房

WORK SPACE

スケルトンの天井がカジュアルな雰囲気を作り出す執務スペース。
今後の増員を見越してゆとりのあるレイアウトになっています。
応接室には以前のオフィスで使われていた家具を使用して、
馴染み深い落ち着きのある空間に。

オフィス 工房

WORK SPACE

スケルトンの天井がカジュアルな雰囲気を作り出す執務スペース。
今後の増員を見越してゆとりのあるレイアウトになっています。
応接室には以前のオフィスで使われていた家具を使用して、
馴染み深い落ち着きのある空間に。

VOICE

株式会社ランドマーク

企画室 石井達也様 WEBアートディレクター 石井雄也様

これまで、Tシャツやジャンパーなどへのプリント作業は外注していたのですが、注文が増えるようになって追いつかなくなってきたんです。そこで、機械を導入しプリントも自社で行うことにしました。そうすると今までのオフィスでは場所が狭すぎる。そこで思い切って移転を決めました。同時に、ネット販売に差別化を図るために、ショップをオフィスに併設させることにしました。今回もっともこだわったところは、このショップスペースですね。私たちは、既製品を仕入れ、そこにデザインをして販売をしているのですが、このビジネスモデルには競合他社も多くあります。そのため、お客様に安心感を与え、商品に納得して頂ける「きっかけ」を作ることがとても重要になります。立地にもこだわり、そして、わざわざ足を運んで下さったお客様に充分なおもてなしのできるような空間を望んでいました。

今回は、私たちのお気に入りのカフェをコンセプトに掲げて、ws+designさんにイメージをお伝えしました。プロジェクト開始当、初思い描いていたものを形にするには、なかなか思い通りにいかない難しさがありましたね。
私たちの業界は地味にとらえられがちではありますが、その中でも、他社とは違うプラスアルファの工夫がお客様の心に響いたら・・・という想いがあったからこそ、居心地が良く幅広い世代から人気のあるオシャレな空間を実現したかったのです。
ws+designさんにはたくさんの要望を挙げさせて頂きましたが、スピード感は圧倒的でしたし、何よりも私たちの思い描いていたことの再現力がうれしかったです。
今後、私たちの会社に興味を持って下さる未来の社員や、日頃お世話になっている大切な取引先様など、たくさんの方から魅力的に感じて頂ける場所であり続けたいと思います。
そして結果として会社の成長に繋がってゆくことを期待しております。